当院のコロナウイルスの対応について
詳しくはこちら

 

 

なぜ、膝の痛み
こんなにも根本改善し
再発予防できるのか?

 

 

\このようなお悩みございませんか?/
  • 歩いていて、膝に違和感がある
  • 階段の上り下りで痛みが出るようになった
  • 屈んだり、中腰の姿勢でも痛みが出る
  • 膝が曲がらなくなり、正座ができなくなった
  • 長時間歩くと、膝が痛くて休まないと歩けない
  • 病院では湿布や痛み止めの薬をもらったが一向に良くならない
  • リハビリやブロック注射もやったが変わらない
  • 膝に水が溜まり、定期的に水を抜いている
  • 病院では、変形性膝関節症と診断された
  • 手術を勧められてるが、他の方法がないのか探している
  • 膝が変形しているから、もう改善しないと諦めている

 

そのお悩み、当院に
すべてお任せ下さい!

 

 

膝痛(変形性膝関節症)

お悩みの方が多く改善へ

お客様のお声をご覧下さい

 

「親身なスタッフさんに感謝」
一月前から体重をかけると痛む膝が辛くなり、HPで検索して通い始めました。
猫背も気にはしていたのですが、最初のお話のときに膝の痛みが膝だけの問題ではなく、姿勢の問題も関係していると聞きびっくりしました。説明を受ければ受けるほど、納得…。
治療の時は、鍼・マッサージ・整体と先生が変わるのですが、どのスタッフさんもみんな親身になって施術してくださいます。
すっかり膝の痛みは改善され、生活に痛みがなくなって助かりました。 (川崎市在住 50代 主婦)
「毎回痛みがなくなっていきます」
数年前から膝が立ったり座ったりする際にぎしぎしと鳴るような感覚がありましたがあまり気にせずに放っておいていました。しかし数ヶ月前から膝に痛みが出始め、最近では手すりを使わなくては階段を上ることも辛くなっていました。他の整形外科や接骨院で治療を受けましたかが、そこまで変化がなかったためすぐに通わなくなってしまいました。しかし痛みは増すばかりで、いよいよちゃんと治さなければなと思っていたところ、息子夫婦がお世話になっているというエイドさんの話を聞き、行ってみることにしました。実際に治療を受けると、想像していたよりもずっと膝が楽になり驚きました。まだ治療は数回ですが、毎回確実に改善している実感があるので今後が楽しみです。(高津区在住 60代 主婦)
「口コミを信じてよかった」
バスケで膝を怪我してしまい、整形外科でリハビリを行っていましたが、それだけだと競技復帰できないと思い治療を受けられるところを探していました。たくさんある中でエイドを選んだのは単純に口コミが良かったからです(笑)。実際に施術を受けてみると膝の痛みが減って可動域も上がるようになりました。スタッフさんも親切で話しやすいです。院には自分みたいな学生だけでなく様々な年齢層の人もいて、地域のみんなに頼られてる整骨院なんだな、と思いました。引き続き通って、また楽しくバスケができるようになりたいです!(高津区在住 20代 学生)

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝痛が
改善
されるのか?

 

‖他で良くならない理由

色々な病院や整形外科、整骨院を回ったが改善しなかった多くの方は、一人一人の原因が全く違うので根本的にアプローチできていないのが現状です。

あなたの膝痛が他で改善しないのは以下のことが挙げられます。

・痛み止めの薬やシップで痛みをごまかしている
・痛いところだけに電気を当ててマッサージをしている
・原因を特定しないで、痛みを和らげる施術をしている

<整形外科での現状>
ほとんどの整形外科では膝痛(変形性膝関節症)に対してレントゲンの検査や保存療法を行います。

<保存療法>
①痛み止めの内服、外用薬(湿布、塗り薬)
一般的に、痛み止めは対症療法です。ただ、通常の痛み止め炎症を鎮める薬なので、一過性の痛みは痛み止めで治ってしまうことがあります。
強い痛みを我慢するより、痛み止めを飲む方が身体によい場合もあります。

②注射(ヒアルロン酸)
ヒアルロン酸の注射は、軟骨、関節液の重要な成分で、潤滑成分として軟骨表面の保護をします。

③注射(ステロイド)
炎症を強力に抑え込み、鎮痛効果も高い治療になります。
頻繁の使用は軟骨や靭帯を弱くしてしまいますが、2ヶ月から3ヶ月に1回なら安全です。

実際に膝の手術をしなくても痛みが改善してしまう方はたくさんいらっしゃいます。一般的には炎症を抑えることが目的ですが、痛み止めや膝関節周辺の筋肉の調整で一時的に痛みは軽減します。ですが根本的な身体のゆがみを改善できてないことが多いので、たくさんの病院や整骨院で治療を受けてきたかもしれません。

「なぜ膝関節の周辺に炎症が起こったのか」という根本的な原因を突き止める事こそが、あなたの膝痛(変形性膝関節症)を改善させるための第一歩と考えております。

当院では、あらゆる角度からトータルでカラダをみて根本的な原因にアプローチすることで改善へと導くことができます。

 

‖症状についての説明

大腿骨とすねの骨(けい骨)は、 関節包(かんせつほう)という包みに覆われています。体重の負荷などによって軟骨がすり減ると、軟骨の細かな「削りかす」によって、関節包の内側にある 滑膜(かつまく) という膜に炎症が起きます。炎症が起きた状態で軟骨に負担をかけると、さらに軟骨が削れて、それがまた炎症の元になるという悪循環に陥ります。
若い人の軟骨は白く光沢があり、弾力もあります。それが加齢とともに、軟骨は黄色くなって、徐々に弾力がなくなってきます。そうなると軟骨が摩耗しやすくなります。軟骨が摩耗し、炎症がずっと続くと、レントゲンでも分かるくらいに軟骨が減ってきます。また、骨にも影響が出て、骨が硬くなったり、余分な骨ができてきたり、骨がすり減ってきたりします。それが、変形性膝関節症です。

変形性膝関節症のメカニズムは下記のような具合に進行します。

軟骨への過剰な負担


軟骨が摩耗する


軟骨の分解物による滑膜の炎症

・水がたまる

・腫れや痛み

・さらに軟骨が摩耗しやすくなる

 

変形性膝関節症の特徴として動作時痛があります。

座った状態や立った状態など同じ姿勢から次の動作に移ろうと動き出した時の痛みです。このため歩行痛では歩き出しが特に痛みが強く、歩いているうちに楽になる事もあります。また、曲げた状態から急に伸ばしたり、伸ばした状態から急に曲げるなどの動作では強い痛みを伴います。

 

‖原因

1.加齢

加齢により膝関節の骨自体が変形したり骨棘が形成されることで、軟骨や骨膜の一部が剥がれ関節周辺に骨化した遊離軟骨ができることがあります。この遊離軟骨は1㎝前後から2㎝程の大きさで、いくつも存在することがあり、さらに膝の動きにより移動するので関節内に引っかかるなど痛みの原因ともなります。

2.肥満・体重増加

加齢に並び変形性膝関節症の原因として多いのが肥満です。通常は、膝の内側・外側にそれぞれ均等に力が加わりますが、O脚の場合は、外側より内側のほうに負担がかかります。それに加えて体重が重いことでさらに大きな負荷がかかるので、半月板と軟骨が切れたり擦り減ったりしてしまいます。

例えば消しゴムを強く擦るのと軽く擦るのとでは消しゴムの減りが全く違ってきます。
関節軟骨も同じで体重が重いほど関節にかかる負担は大きく、軟骨の減りも早くなります。

3.閉経(ホルモンバランス)

閉経後の女性は、ホルモンバランスの変化により急速に骨密度が低下し骨粗しょう症を発症する方は少なくありません。同時に加齢とともにO脚は進行し、脛骨の内側の骨が徐々につぶれて膝の内側にさらに大きな負荷がかかった結果、軟骨がすり減りやすく変形が起こりやすいです。

そのため変形性膝関節症では女性は男性に比べ4:1の比率で多くなりやすい傾向にあります。

4.靭帯損傷

過去に何かしらのケガで膝の靭帯、特に側副靭帯や十字靭帯が断裂すると膝関節は左右または前後に不安定となります。そのため関節が動揺し膝関節の軟骨の一部分に強い負荷がかかります。
靭帯損傷 (断裂) していてもそのまま動かすことや歩くことは可能となるため、手術などをしないでそのまま生活している人は多いです。この場合、比較的早く変形性膝関節症になるリスクが高くなります。

5.半月板損傷

半月板は膝関節の緩衝材としてひざの安定支持の役割があります。この半月板が膝の外傷により圧壊や断裂を起こすことがあります。半月板が割れると膝の関節内で引っかかったり、痛みや水が溜まるなどの症状が現れるため手術で半月板を摘出する事があります。この場合、緩衝材を失い不安定になった膝関節は軟骨の消耗が早くなります。

6.O脚変形

ホルモンバランスや加齢、正座などの生活習慣で膝の内側に負荷をかけ続けると軟骨がすり減り膝が外側に広がるのでO脚変形になりやすくなります。
O脚になった膝はさらに体重が内側に集中して掛かるようになり軟骨の消耗が進行してしまいます。そのため変形性膝関節症となります。

7.X脚変形

O脚変形の反対で、膝関節の外側の軟骨がすり減るためにX脚変形が起こります。
またX脚は生まれつきの膝の形である事が多く、長年かけて体重が徐々にひざの外側へ負担をかけて関節軟骨が消耗します。
そのため通常の膝の形よりも比較的早期に変形性膝関節症を発症するリスクとなります。

 

【変形性膝関節症になりやすい方の特徴】
・もともとO脚の方
・閉経後の女性
・体重のある肥満の方

日本人に多いといわれるO脚の方は、もともと変形性膝関節症になりやすいことが分かっています。なぜならO脚の場合、膝の内側と外側に体重がアンバランスにかかることになり、それが長期間続いた結果、膝関節に負担がかかるためです。また、閉経後の女性は、ホルモンバランスの変化により骨粗しょう症になりやすいので、その結果O脚になりやすいことが分かっています。さらに、体重がある方は、それだけ膝にかかる負荷が重くなるため、変形性膝関節症になりやすいことも分かっています。

【膝に水が溜まるのはなぜか?】

炎症はもともと組織を修復するための反応で、膝の場合は削れた部分の軟骨を修復するために起きるのですが、炎症の過程で、関節周囲が腫れたり、痛んだりします。また、関節は関節包に包まれた袋になっています。この袋の中に常に数ccの関節液があり、軟骨に栄養や酸素を与えています。そして関節の中で炎症がおきると、この関節液が増えます。打撲したところが腫れるのと同じ理屈です。実は、この増えた関節液がいわゆる「水」というわけです。つまり「水」は炎症の結果です。また、膝の痛みも炎症の結果といえます。軟骨や骨には神経が通ってないので、軟骨が削れたから痛いのではなく、炎症が起きることで痛みが出てくるのです。

 

‖当院での改善法

まず丁寧にお話を伺い、その方に合った必要な内容で、オーダーメイドの改善方法を行っていきます。


例えば、
・鍼灸マッサージ
→全身の血流改善
→炎症部分の改善、痛みの改善

・整体による骨盤矯正
→正しい位置に戻すことで本来の姿勢を取り戻す
→姿勢の歪みが矯正され自律神経の伝達もうまくいく
→歪みを整えることで全身の血流をよくする

・内臓や頭蓋骨の調整
→内臓の機能と位置を調整することで、人間が健康でいるための必要な働きを取り戻す
→頭蓋骨の歪みを整えることで、脳の働きを正常に戻し、自律神経やホルモンバランスを整える

これらさまざまな施術ができるのは、あらゆる角度からトータルで体をみてケアできる、専門技術を持ったスタッフが揃う当院ならでは。総合的に体にアプローチしていくことで根本的に症状の出にくい体づくりを目指していきます。

本来、みなさん自身の体には「良くなろう!」とする力が備わっています。
「昔からそうだったから…」
「膝に痛みがある生活に慣れてしまった」
「この膝痛とは付き合っていくしかない」
あきらめないでください

当院では、あなたの「良くなろう!」とする力を引き出す施術をさせていただくことができます。その結果、多くの膝痛(変形性膝関節症)にお悩みの方が改善に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

 

なぜ?エイド鍼灸整骨院では
こんなにもつらい痛みや不調
改善し再発防止もできるのか?
問診
みなさん、ご存じでしょうか?
よくある電気療法やマッサーなどを受けて一時的に痛みが引いても、すぐにぶり返してしまいます。
それは本当の原因にアプローチしていないから。
痛みの本当の原因は表面的な箇所ではなく、別の所にあります。
当院では緻密なカウンセリング・検査から本当の原因を特定し、症状を根本改善&再発予防へと導きます。
他院とはココが違う!

エイド鍼灸整骨院が
選ばれる10の理由
1. 初回のカウンセリング・検査でしっかり原因を特定

症状の本当ての原因を特定することが根本改善への第一歩です。丁寧に調べていきます。

 

2. わかりやすいと評判!納得・安心できる説明

あなたの症状の原因やお身体の状態について、専用アプリを使って分かりやすく説明します。不安な事があれば何でもご相談下さい。

 

3. 国家資格を持っている施術者が安心・安全の施術を行います

国家資格取得者が豊富な知識と高い技術であなたを健康に導きます。

 

4. のべ10万人が感動!
ベテラン施術家によるオーダーメイドの施術

ベテランの施術家が様々な施術方法からあなたに合った施術を駆使して根本改善を目指します。

 

5. 充実のアフターケアで再発予防もバッチリ

更なる施術効果UP&再発予防のための、食事や睡眠、ストレッチ指導にも注力。メールでいつでも相談可能です。

 

6. 何院回っても改善されない方が多数ご来院されます

他の病院や整骨院・整体院に行っても良くならない方も、健康的な 身体を取り戻されています。

 

7. 女性の施術者もいるから安心!

女性特有の体のお悩みも相談していただきやすい環境をつくっています。

 

8. キッズスペース完備!お子様連れも大歓迎

小さなお子様連れでもお気兼ねなくご来院ください。子育て経験者がお子様の面倒を見させていただきます。

 

9. 衛生管理も徹底!清潔で明るい院内

アルコール除菌やタオル交換など当たり前のことですが、衛生管理にも力を入れています。天井が高いので開放感もあると仰っていただいています。

 

10. 土日も営業・駐車場完備予約優先制だから通いやすい

患者さまに通っていただきやすい環境づくりを常に目指しています。