5分歩くだけで足まで痺れて

休みながらじゃないと歩けない

そんなお悩みのあなたへ

 

このようなお悩みございませんか?

  • 腰から足にかけての痛みや痺れがあり、長時間歩くことができない
  • 前かがみや腰を反らせると痛みが出てくる
  • 病院では手術を勧められるが、できれば手術をしたくない
  • 薬を飲んでも症状が収まらない
  • 専門機関でも外科的な手術を勧められた
  • リハビリやブロック注射もやったが変わらないエイドにお任せ!
まずは当院の施術を受けて坐骨神経痛が改善された喜びの声をご覧下さい。

症状が改善された患者さまのお喜びの声

数年間悩み続けたが改善しました
coming soon !!

 

エイド鍼灸整骨院にお任せください!

そもそも脊柱管狭窄症とはどういう症状なのか

背骨の中には脊髄神経が通るトンネル「脊柱管」があります。これが加齢によって椎間板と呼ばれるホネとホネの間にあるクッションが狭くなると中にある脊髄神経が圧迫を受け、神経が興奮・過敏になることで痛みや痺れを強く感じやすくなります。
この脊柱管狭窄症の症状として、歩いては休んでを繰り返す「間歇性跛行」が一番の特徴で、長い距離を歩くことができなくなります。じっとしている分には腰痛などの痛みはありませんが、立ったり歩いたり、背伸びをする動きで下半身に痛みや痺れが出てきます。中には少し前かがみになったりすると痛みと痺れが軽減する人もいます。

病院や、整骨院・整体院での一般的な対処法

 病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

  • 保存療法で痛み止めや筋弛緩剤、血管拡張剤、ブロック注射
  • マッサージや低周波の電気療法、リハビリなど受ける

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。

では、どうしてあなたの症状は改善しないのでしょうか?

脊柱管狭窄症による痛みは、腸腰筋を鍛える

原因として、骨の変形などの異常(腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど)で神経根が圧迫されることにより痛みや痺れが出る場合は、日常生活での姿勢や運動不足による筋力低下が関係しています。

特に身体を支えている筋肉(インナーマッスル)で腸腰筋と呼ばれている筋肉が骨盤の安定性を保ち、主に股関節を屈曲させる働きのほかに、腰椎の湾曲を正常に保つ働きもあります。正常な位置にあることで神経根の圧迫やそれによって筋肉にかかる負担が減るので、日常的に身体を動かす習慣があると良いです。例えばその場で足踏みをするなど身体の負担が少ないやり方から始めていくのもいいでしょう。

ではなぜ当院では脊柱管狭窄症に対応することができるのか?

根本的な原因である骨盤の歪みや姿勢を整えることで、症状が出にくい体を作っていきます

・筋肉・神経・血管性の問題に対してマッサージ鍼灸電気療法を用います。

筋肉の緊張が続き、硬くなってしまうと血管や神経を圧迫してしまい、痛みやしびれなどを感じやすくなりますが緊張をほぐすことで、柔軟性が上がり血液の循環が良くなります。

・姿勢や歪みの問題に対して整体ソフト整体

人間は本来あるべき場所に関節や骨の位置があれば正しい姿勢をキープしやすくなります。ですが日常生活によって骨盤や背骨などの歪みが出ると、正しい姿勢をキープできなくなり筋肉の負担が増えてしまいます。

エイドではお身体の状態を毎回検査をして調整していきますので、その場で体が変わるのをご実感いただけます。

30分寝ているだけで深層筋を鍛えることができる!!

楽トレとは

  • 寝ているだけで、インナーマッスルを鍛えられる機器
  • 楽トレ1回で、腹筋9000回と同じ運動量
  • 週1~2回を3ヶ月続けるとヨガを3年行ったのと同じ運動量
  • 世界で初めて、鍛えることの難しい筋肉であるインナーマッスルを本当に鍛えることができる機械として特許を取得

他にはなく、真似することのできないトレーニング方法で、パッドを貼って30分間横になるだけで簡単にインナーを鍛えることができます。

当院ではインナーマッスルの状態を検査と実際に楽トレの体験することができます。

楽トレお試しキャンペーン

その結果、多くの脊柱管狭窄症にお悩みの方を改善に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

症状が改善された患者さまのお喜びの声

数年間悩み続けた坐骨神経痛が改善しました
coming soon!!

オファー