腱鞘炎

何度も繰り返す手首の痛みにお悩みの方へ

〜このようなお悩みございませんか?〜

  • 重たい荷物を持つと手首が腫れる
  • お子さんの抱っこが続くと手首が痛い
  • 出産後から手首が痛くなるようになった
  • 字を書いているだけで手首が痛い
  • 洋服の脱ぎ着で指が引っかかるだけでも痛い
  • 手首の曲がり方が左右で違う
エイドにお任せ!
まずは当院の施術を受けて腱鞘炎が改善された喜びの声をご覧下さい。

症状が改善された患者さまのお喜びの声

数年間悩み続けた腱鞘炎が改善しました
coming soon !

 

エイド鍼灸整骨院にお任せください!

そもそも腱鞘炎とはどういう症状なのか

手首は前後・左右など色々な方向に回すことができる関節です。手首の他に肘や指の筋肉を一緒に動かし複雑な動きをするのが特徴です。ですがこの可動域が大きく複雑に動く関節ほど抵抗力が少なく負担をかけると手首に痛みを作ります。
腱鞘炎とは、手首にある腱鞘という腱を周囲の骨などの摩擦などから守るための鞘(筒)が炎症を起こした状態です。鞘が腫れることで中を通る腱が圧迫され手首の痛みが出てきます。この炎症が長期に続くと腱鞘の組織が肥厚、癒着を起こし腱鞘が弱くなると手首の痛みが長く続きます。

病院や、整骨院・整体院での一般的な対処法

 病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

  • 消炎鎮痛剤や筋弛緩剤など薬を服用する
  • マッサージや低周波の電気療法を受ける

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。

では、どうしてあなたの腱鞘炎は改善しないのでしょうか?

なぜなら腱鞘炎の本当の原因は姿勢やホルモンバランス

手首の使いすぎや筋肉のバランスが崩れてしまう局所的な問題のみならず、腕の動きは肩から繋がっているため肩甲骨の動きが悪いと腱鞘炎を発症する可能性が高くなります。
他に妊婦さんや出産後・授乳期のお母さん方たちも、腱鞘炎に悩んでいる方は多いです。この時期は女性ホルモンの分泌が非常に多い時期で関節を柔らかくする働きがあります。関節が柔らかくなりすぎると、逆に関節の動揺性が生まれ、手首の負担が増したり、筋肉の緊張がさらに強くなるので痛みが繰り返しやすくなってしまいます。

ではなぜ当院では腱鞘炎に対応することができるのか?

ベーシックコース

根本的な原因である骨盤の歪みや姿勢を整えることで、症状が出にくい体を作っていきます

・筋肉・神経・血管性の問題に対してマッサージ」「鍼灸」「電気療法

筋肉の緊張が続き、硬くなってしまうと血管や神経を圧迫してしまい、痛みやしびれなどを感じやすくなりますが緊張をほぐすことで、柔軟性が上がり血液の循環が良くなります。

・姿勢や歪みの問題に対して「整体」「ソフト整体

人間は本来あるべき場所に関節や骨の位置があれば正しい姿勢をキープしやすくなります。ですが日常生活によって骨盤や背骨などの歪みが出ると、正しい姿勢をキープできなくなり筋肉の負担が増え

エイドではお身体の状態を毎回検査をして調整していきますので、その場で体が変わるのをご実感いただけます。

 

症状が改善された患者さまのお喜びの声

数年間悩み続けた腱鞘炎が改善しました
coming  soon!!

オファー